​Liku Maria Takahashi

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7-19-15 ベルハイム九品仏B-302
tel:03-6809-7233
mail:marisartproject@gmail.com


http://www.marisartproject.com  (マリスアートプロジェクト公式HP)

http://likutakahashi.com (高橋りく公式HP)

B-302 Beruhaimukuhonnbutu 7-19-15 Okusawa, Setagaya-ku, Tokyo, Japan 158-0083
TEL:+81-3-6809-7233

phone:+81-9-2098-3694
marisartproject@gmail.com

 

http://www.marisartproject.com  (Maris Art Project Official Web Site)
http://likutakahashi.com  (Liku M. Takahashi Official Web Site)

© Liku Maria Takahashi

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

©Liku M. Takahashi

エーテル

The Ether

1993 / ワイン瓶、コルク、鉄 / 1×1×2(m)

1993 / winebottle, corks, iron / 1×2×2(m)

[醸造用ラック]に模した赤い棚には、[エーテル]入りのワインボトルが入っています。

ボトルの透明ラベルには、各人の西暦の生まれ年、笑顔の写真、made by cosmo が2本づつセットでプリントされています。

 

ラックの表と裏面で一対にそれぞれ100 人分のボトルが並んでいます。

 

ひとは、表面にある現在の世界だけでなく、裏に別のパラレルワールドにも同時に存在しています。

 

1つの存在がその場だけにとどまらないのは思考だけで、別の次元にも宇宙にも意識を飛ばせるから。

 

寝ているときでさえも自分の存在はどこか別の世界へとまぎれこんでいるかもしれません。

そんな人間という生き物の身体を所持する我々は、何故この世界に生きて存在しているのか。

 

それは、「学ぶため」。

そして、学んだことを忘れないように魂にしっかりと刻んでいかないといけないからでしょう。

 

それには魂を醸造させる必要があります。

 

魂は時間も空間をも越えます。

 

人として、その魂の器であるボディを得たときにのみ、数十年数百年ずっと長いあいだ待ち望んできた[学びの時]を得るのだと思います。

そのときに限り魂は成長し、学びを刻みつけることができるのです。

まるで醸造用のワインラックでワインが寝かされて、クオリティーを高めるかのように。

On a huge red wine rack, there are bottles filled with "ether."

There are 100 bottles on one side, and the same for the other.

Each bottle on one side corresponds to the one on the other side.

A pair of bottles has the same transparent sticker on which printed an individual's birth year,

his/her smiling picture, and a line that reads "made by cosmo."

 

Every human being has his/her parallel world at the same time as he/she lives in the current world.

In our thinking, anything could go anywhere, and we can also beam our thoughts to the universe and even to another dimensional world.

When we are asleep, we might travel through a warp hole to another world.

Why do we exist in this world carrying a pair of body suits called "human being"?

 

That is to learn, and to engrave what we have learned in our souls, for not to forget.

That is, we need to ferment our souls like we do for wine.

Our souls can travel beyond time and space.

Having waited for ages, they gain the time for learning when they receive their own houses called "human being."

 

That is the only time when a soul can grow and absorb learning.

That is, the soul is laid on a wine rack and brought to higher quality like a bottle of wine.

もっと見る