​Liku Maria Takahashi

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7-19-15 ベルハイム九品仏B-302
tel:03-6809-7233
mail:marisartproject@gmail.com


http://www.marisartproject.com  (マリスアートプロジェクト公式HP)

http://likutakahashi.com (高橋りく公式HP)

B-302 Beruhaimukuhonnbutu 7-19-15 Okusawa, Setagaya-ku, Tokyo, Japan 158-0083
TEL:+81-3-6809-7233

phone:+81-9-2098-3694
marisartproject@gmail.com

 

http://www.marisartproject.com  (Maris Art Project Official Web Site)
http://likutakahashi.com  (Liku M. Takahashi Official Web Site)

© Liku Maria Takahashi

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

©Liku M. Takahashi

都会のラビリンス

Labyrinth of the City

1994 / マケット/ ガラス   木   鉄 / 0.5×0.5(m)

1994 / model glass, steel,colored woods / 50×50(cm)

このガラス板とステンレスと空き缶で作られたラビリンスは、入り口から入る時は、目標である出口も、その奥にある木もみえているのですが、中に入り込んでしまうと、その人の出口への方向感覚の本能しか頼るものはありません。

その出口は、入り口からまっすぐの正面には何枚かのガラスで遮られていて、初めは見た記憶が残っています。

カラフルな空き缶で彩られたカベは、見ているうちに無機質な都会の残骸のように思えてきます。ときどき迷路の中にある鏡面のドアは、ドアノブがないので押して入ることができても、再びもとの道に戻ることはできません。

ドアに映る自分の姿は一面のカベの中に埋もれて見えます。

 

都会で生活することは、まるで迷路の中に入り込んでいるように私には思われます。

このガラス板とステンレスと空き缶で作られたラビリンスは、入り口を入る時、目標である出口も、その奥にある木もみえているのですが、いったん中に入ってみると目の前にも横にもカベがあります。

地面と前や側面の壁しかない中、疲れて困り果てた末、ふと顔を上げると、切り抜いたように長方形の青い空があります。

何度か、もしかしたらと、淡い期待を持ち、上を見ながら歩き続けると、いつしか目の端に出口の方向を指し示す大木の上部がときどきちらりと見えるようになります。

上をみながら迷路を行くと失いかけた方向感覚もよみがえってきます。

Living in a city is like walking in a labyrinth.

Before the entrance, we can see the exit and even a tree over the exit, but once we are in the labyrinth, we are surrounded by walls.

As we look up, there is a rectangular blue sky cut out by the labyrinth walls.

 

Sometimes we can see a part of the tree at the exit in the rectangular sky, and gradually regains the sense for right direction to the exit.

 

So, let's walk with our faces up!

The exit is located on the straight line from the entrance, but blocked by several walls of glasses.

The walls designed with the various colors of empty cans may appear as the ruins of the dehumanized city.

 

We can push mirrored doors in the labyrinth to move into the other side but can never come back, for there is no door knob to pull the doors.

The reflection of ourselves in the mirror is surrounded entirely by the walls.

もっと見る