©Liku M. Takahashi

何処へいくの?

Where Will We Go?

1994 / マケット/ ガラス、感光乳剤、鉄 / 0.5×0.5(m)

1994 / model / glass, printed photo, A Throne of the Sunemulsion, steel / 50×50(cm)

where_1_all.jpg

 パラレルワールドは12 次元に分かれているという説があります。12 枚のガラス板に同じ写真を少しずつ位置を変えて、フォトエマルジョンでプリントしました。

 

 仕事を自分なりに一生懸命こなし、きちんとした社会の一員になっているビジネスマン。自分の未来はどこにつながっているのか。ふと考えてはすぐに元の生活に引き戻されます。

 

 もしかしたら自分の知らない異次元では、今の世界とは違った自身の価値が存在しているのかも知れません。​

 本人は異次元の自分の価値に気付いていないのだから、ただ黙々と冷たい風に吹かれてコートの襟を立てながら、いつものこの道を歩いているのだけれど。

 

 いつしか違う道を選択し、ビジネスマンは異次元空間を軽やかに跳び抜けていきます。

Having his routine works done as best as he can,a businessman joins the member of the society.

Suddenly wonders, "what kind of future would this lead to...

" Right after he thinks of it, however, he straitens his suit and tie, and goes back to his routine.

Maybe there is another dimensional value that no one has taught and is undiscovered to him exists in this lifestyle.

Then the businessman hops around the undiscovered world, though for him it simply looks he is walking on a routine road in the chilly breezesince he hasn't discovered the dimension yet.