©Liku M. Takahashi

祈り

Prayer (The study of school days)

1992 / 卒業制作 / installation / ガラス / 0.5×0.8×0.5(m)

1992 / installation / glass / 0.5×0.8×0.5(m)

 人間は死ぬときに何を感じるのでしょうか。

魂が肉体から解放される瞬間、今回の人生で体験した学びをエッセンスとして凝縮し、さいごに魂のメモリーに[学び]として刻みつける。私にはそんな気がします。

 

 毎日夕日に向かって合掌している人達がいます。その姿は、[すべてに感謝]の悟りをメモリーに加えているかにも思われます。

 

 何度も転生している魂は、朝日を見る度に、

新しく身体を得た瞬間の喜びを思い出し、夕日を見る度、死んでいく瞬間に走馬灯のように巡る[学び]の尊さを思い出すのかも知れません。

 

 チベットでは49 日間ラマ教の僧侶が死者に祈りを捧げ、死者の魂が[学び]のメモリーを刻み、再生に進めるよう導いています。

What do we feel when we die?

At the moment when a soul is released from the body, things you have learned in this life will be condensed to the essence and will be engraved in your soul as "learning" at last.

 

A reincarnating soul will remember the joy of gaining new body while seeing the sunrise, and will remember the dignity of learning upon death while seeing the sunset.Even today, the elders in Japan's countryside pray for every sunset as if they unconsciously prepare to add "appreciation to all" into the things to be engraved in their souls.

 

In Tibet, lamas pray for the dead for 49 days so that the soul can be engraved with the learning

and can be guided to the next step.